新規会員登録で500ポイントプレゼント! ブランドショップAXES|公式サイト

雨がいっぱい

かなしいときには悲しい歌を、たのしいときには楽しい歌を

カテゴリ: テレビ



あー、だから有吉弘行(46)との結婚は夏目三久(36)にとって番組降板の花道なわけよ。寿降板。どうしても視聴率が取れなくて万年リストラ候補という汚名、しかし実態が世間にそれほどあからさまにされずにすんだ。


夏目三久だってもう何年もそんな状態が続いていて辞めたくて辞めたくてしかたがなかったのだけれども、なにしろ田辺エージェンシー社長・田辺昭知(82)のゴリ押しで抜擢されているので、自分からは辞められない。各テレビ局のほうも田辺マターということで切れない。野ざらし、さらし者状態。で、ここへきてようやくその田辺昭知も満足したのか諦めたのか、手を引くことにしたわけだ。


だけれども、だからといって夏目三久を放置したままでは、いくらなんでも人間として酷いよねえ、なので有吉弘行に押し付けた、と。夏目三久には花道を用意してやった、と。だからこの結婚をいちばん喜んでいるのは夏目三久だ。というか夏目三久のための結婚なのよ。さぞかし有頂天だろうなあ。


でもって、結婚報告のコメントにもついそれが出る。


「これまでお仕事でご一緒させて頂いた皆さま、そしてレギュラー番組を担当させて頂いております日本テレビ、テレビ朝日、TBSの皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。」
「スタッフの皆さま、共演者の皆さまと過ごした時間は私にとってかけがえのない経験で、生涯忘れることはできません。」


これではすでにサヨウナラの挨拶。辞める気満々、完全なフライイングである。


前回(昨日、4月4日)は当ブログを考えながら慌てて書いていたので、ここにはきちんとフォーカスできなかったのよ。いちばん大きなポイントなのにね。悔やまれる。



だから私は(↓)こんなのを見せられると、まったく関係がないのにたいへん気分が悪くなってしまう。


◆ 『ナリナリドットコム』2021年4月4日配信
【夏目三久、夫・有吉弘行に“惹かれた所”語る】

《フリーアナウンサー・夏目三久(36歳)が、4月4日に放送された情報番組「真相報道 バンキシャ!」(日本テレビ系)に生出演。タレント・有吉弘行(46歳)について「やっぱり誠実に仕事に向き合ったり、仲間を大切にする、そんな所に惹かれたのかなと思います」と語った。

この日から番組のメインキャスターとして出演することとなった日本テレビ・桝太一アナ(39歳)が「新キャスターとして全力を尽くしてまいります。どうか皆様、よろしくお願いいたします。……というより、夏目さんでしょう? おめでとうございます」と夏目の結婚を祝福。

夏目は「ありがとうございます、すいません、桝さんの船出の日に」と笑顔で語り、「素敵な夫婦になれるように頑張ってまいります」ともコメント。その後、番組終盤で夏目はもう一度有吉との結婚を報告。「自分自身もまだまだ実感がわいてなくて。ニュース番組なんかで取り上げて頂いても『誰のこと?』自分のこととは全く思わないですね。不思議な感覚です」と語る。

有吉と番組で共演している桝アナが、有吉について「優しくて。シャイで口数が少ない方ですけれどみんなが幸せになれることをさりげなく勧められる方だと思っていて」と話し、夏目に「やっぱりそんな方ですか?」と尋ねると、夏目は「私も仕事で出会いましたので、やっぱり誠実に仕事に向き合ったり、仲間を大切にする、そんな所に惹かれたのかなと思います」と笑顔で答えた。

夏目にとって日本テレビ時代の1年先輩である桝アナが「こうやって幸せな報告をしてくれる日が来るなんて本当に感慨深い」と喜ぶと、夏目は「本当に、桝さんにはお世話になって。叱っていただいたり教えていただいたり最もお世話になった先輩の1人なので、枡さんにこうやって聴いて頂けていることが本当に嬉しいです」と語った。》


おいおい。

「私も仕事で出会いましたので、やっぱり誠実に仕事に向き合ったり、仲間を大切にする、そんな所に惹かれたのかなと思います。」

ってよー、あんたも脳内ロイヤルか? まあ、ね。たーだ座ってつくり笑いをしている時間が長かったもんね。結局、元も子もないいい方をしてしまえば、夏目三久の人生もキャリアも、ただ男から男に乗り移っているだけだったみたいなものだし。しかしここからボロが出て本格的な嫌われキャラになると私は思うぞ。


あの、コロナ禍の風俗業に対して 

「コロナが収束したら、もの凄く絶対おもしろいことある〜、苦しい状態がずっと続きますから〜、美人さんがお嬢やります〜、稼がないと苦しいですから〜、だから今、我慢しましょう」

と発言した岡村隆史(50)が吉本興業のフォローを受けてその後わずか半年でそれまで影も形もなかった一般人と結婚し、ノロケ話を連発しているのを知る程度には不快だど。


ま、これから夏目三久からはどんどん嫌なヤツ波長が出てくるのだろう。そしてまた有吉弘行も有吉弘行で、これで並のお笑いとはまったく別格(もちろん矢部浩之・青木裕子夫妻とも)になったと思ったら大きな間違いだど。これは裏口入学みたいなものだからな。これから後ろ盾になるはずの田辺昭知がいつまでも生きているわけでもなし。


人の不幸は蜜の味、人の幸せは砂利の味。




























 今日の備忘録↓





* * * * * * * * * * * *




「ドッペルゲンガー現象で自分はもう1人の自分の姿を見られない!」などといってしまっては、現象そのものが存在しないよねえ。




* * * * * * * * * * * *



堅忍不抜、不撓不屈の精神でごわす。(了)






























 † 宮迫博之(51)からの祝福「結婚していない芸人さんからすると夢のある話」が最悪のホメ殺し、説







 





















ノッツェ 無料パートナー紹介



楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ



女性向けオーダーメイドウィッグ無料試着体験はこちら




























いやホントに、なめんなよ、である。アイヌ民族とアイヌの歴史全体、そしてドキュメンタリー番組全体の名誉を著しく傷つけておきながら、「ドキュメンタリー作品の出演者の方にお会いする」って、いったいなんなんだよ。


おまえのあの悪意にまみれて使い古されたジョークを放送させた責任者は誰なんだ? あのジョークを思い出したのは誰なんだ?  でもって「社長のお知り合いのアイヌ民族の研究をされている方」とは誰なんだ? 北海道小樽市出身のMC加藤浩次(小樽ふれあい観光大使、51)は放送のその瞬間いったいなにをしていたのだ?


※『週刊女性PRIME』2021年3月13日 10時0分配信
【日本テレビの謝罪は“逃げ口上”『スッキリ』差別発言、生かされなかった10年前の事件】より

《差別発言が飛び出したのは、 動画配信サービス「Hulu」で配信されるアイヌ女性のドキュメンタリー『Future is MINE - アイヌ、私の声 -』をVTRで紹介する際のことだった。お笑い芸人の脳みそ夫(41)が、なぞかけで「この作品とかけまして動物を見つけたときと解く。その心は「あ、犬」と、そう言い放ったのだ。》原文ママ


アイヌ民族は犬ではない。


◆『スポーツ報知』2021年3月14日配信
【脳みそ夫がアイヌ民族に対する発言謝罪 ドキュメント番組出演の女性に直接謝罪へ】

《お笑い芸人・脳みそ夫(41)が14日、ツイッターを更新し、12日の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)でアイヌ民族を取り上げたドキュメンタリー番組を紹介した際、不適切な表現があったとして謝罪した。

脳みそ夫は直筆で「この度は、ドキュメンタリー作品の出演者ならびにアイヌ民族のすべての皆さまにお詫び申し上げます。今回の件で僕の勉強不足を痛感しました」とおわびのメッセージ。「知らなかったとはいえ、長い年月にわたりアイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

所属事務所「タイタン」の太田光代社長(56)の働きかけで、出演者に会えることになったとして「誠心誠意謝罪の気持ちを伝えて参ります」とした。太田社長も自身のツイッターで「私及び弊社としましても重大な問題であると考えております。真摯に受け止め、関係者の皆様に誠心誠意対応させていただく所存です」と謝意を表した。

問題の場面は、番組内で動画配信サービス「Hulu(フールー)」でドキュメンタリー「Future is MINE―アイヌ、私の声―」を紹介した際に、脳みそ夫が披露した謎かけでアイヌ民族を差別する言い回しがあったとして批判の声が上がっていた。

 【以下コメント全文】

この度は、ドキュメンタリー作品の出演者ならびにアイヌ民族のすべての皆さまにお詫び申し上げます。

今回の件で僕の勉強不足を痛感しました

知らなかったとはいえ、長い年月にわたりアイヌの皆さまが苦しまれてきた表現をすることになってしまいました。

大変申し訳ございませんでした。

数日間、事務所の社長やマネージャーと相談をし、色々と考えていました。

社長のお知り合いのアイヌ民族の研究をされている方にお力添えいただき、ドキュメンタリー作品の出演者の方にお会いする機会をいただきました。誠心誠意謝罪の気持ちを伝えて参ります。

許されるなら、これを機にアイヌの皆さんの歴史や伝統、文化を勉強していきたいです。

僕は笑いを通して歴史を知ってもらいたい気持ちがあり、そういうネタもたくさんあります。今後は僕なりの表現で勉強したことをお伝えできるよう頑張ります。

本来、僕が紹介していたドキュメンタリー作品「Future is MINE―アイヌ、私の声―」

是非みなさまに観ていただきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

 脳みそ夫 》


ただ脳みそ夫(41)が出演者の女一人に謝罪をしてすむ問題ではない。問題を矮小化しないでいただきたい。問題は日本テレビの恐るべき無知である。日本テレビは責任の所在を明確にし、今後の具体的な対応策を明確にする責任と義務がある。


少なくとも、社員に向けて実のある差別教育を行うくらいのことはしなければ、放送局、報道機関として明らかに欠格だろう。よもやアイドルグループにナチスの軍服をモチーフにした衣裳を着せた軽はずみがどれだけの騒動を巻き起こしたか、もう忘れてしまったわけではあるまい。


脳みそ夫の所属プロダクション社長、太田光代(56)に火中の栗を拾わせればそれですむ問題でももちろん決してない。


世のなかにはやっていいとことと悪いことがあり、決して取り返しのつかないことだってある。















 今日の備忘録↓





* * * * * * * * * * * *




櫻井翔が「桜井XL」に芸名変更を要求する




* * * * * * * * * * * *



すべからくデカけりゃいいってものでもない。(了)





























 † ベッキー(37)が2人目妊娠を発表。ママタレをめざすなら最近は3人以上がマスト説





























ノッツェ 無料パートナー紹介



楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ



女性向けオーダーメイドウィッグ無料試着体験はこちら




























2021年ももう2月になった。NHK紅白歌合戦を観ながら「コラ!! 大泉洋!! イボイノシシ!! ウザいんだよう!!」と罵っていたのがつい昨日のことなのに、時が経つのは早いものでございます。


しかも近ごろでは「毎年トシをとっていく」ではなくて「毎日トシをとっていく」モードになっているので、少なからず焦る。


その怒濤のような時の流れのために社会の変化もめまぐるしく、ぼうっとしているとつい見逃してしまう場合も多々あるわけでございます。ってつまらない落語家の枕みたいになってしもうた。


そんななかで最近つくづく思うのはテレビが貧乏くさくなった、ということだ。そしてまた実際のところは貧乏くさくて観ていられないタレントたちばかりだったということ。マツコ・デラックス(48)だとか有吉弘行(46)だとか、背景ににぎやかなスタジオ・セットがなくなってみれば、ただただウサン臭く怪しいだけのおじさんである。


まあ、バナナマンとかいくらセットで誤摩化そうにもどうにもならない連中もいるけれど。


テレビ局の経済的な逼迫はとうぜんキャスティングにも大きく影響してくる。↓


◆『TOCANA』2021年1月30日配信
【一気に衰退…ワイドショーが大改編へ 求められる人材とは?】

《 ワイドショーの大改編が行われる。 日本テレビは2021年4月からは『ZIP!』に水卜麻美アナ、 『スッキリ』には岩田絵里奈アナ、『真相報道バンキシャ!』 には桝太一アナが就任することを発表。フリーの福沢朗が外れることになった。

またフジテレビは「 とくダネ!」を終了させTBSも「グッとラック!」 が打ち切りでMCの小倉智昭と立川志らくも交代となった。 大リストラ劇と大変革はなぜ起こったのだろうか。

「経費削減で自社のアナウンサーを使う傾向にあります。 昨年の春以来、社会情勢が悪くなったことで、CM出稿量や単価が大きく下がり、 テレビ局を取り巻く環境は悪化しています。 ギャラが高い大物司会者のリストラを進める一方で、 余計なギャラがかからない局アナでやりくりする方針に切り替えて います。 これからますます経費削減によって局アナが活躍する場が増えてい くでしょう」(テレビ局スタッフ)

時代の変化も大きいという。

「以前のワイドショーのスタイルは、事件リポーターや芸能リポーターがジャニーズなどのアイドルや芸人のスキャンダルをガンガン現場に取材に出向いて追っかけ回す限界ギリギリガチンコのコーナー作りをしていました。ところが近年、取材姿勢を批判されコンプライアンス問題が噴出してその手法は一気に衰退してしまいました。 現在ではパネルを使ったスタジオトークがメインの番組構成になっています。

生活や防災といった情報を正確に伝える必要性が出てきたことから進行するMCの腕とコメンテーターの質が視聴率に直結する時代になりつつあります。そのため自己主張したりテンポの遅いMCは駆逐されつつあります。そういった事情もあり進行役のプロである自局のアナウンサーや司会が上手なタレント、鋭い分析ができる解説者が重宝とされていますよ」(前出の同)

冬の時代に突入したことで、テレビ界は新時代に移行している。》


オラは逆にいままでなんで小倉智昭(73)や立川志らく(57)だったのか? なんであんなハゲやトッちゃん坊やと付き合わされなくちゃいけなかったのか? と思うけどなあ。視聴率の足を引っ張っている想像はできても貢献しているという想像はまったくできなかったけどなあ。


しかし、各局がみんな自局の社員アナウンサーにMCを担当させるようになると、どのチャンネルを観ても似たり寄ったりで差別化ができない、ということはあるかもしれない。ということは、いままでの小倉智昭や立川志らくは、いってみれば逆差別化で嫌われ者レースをやっていたみたいなものだということになってしまうが、そうそう、それが正解だと思うぞ。


というわけで、局アナがワイドショーのMCをやってもそれほど視聴率的には変化が見られないだろう。ということになると、金のかかるタレントはもうもっとどんどん切ってしまって局アナでまかなっていこう、というお話にもなる。


いやいやコメンテーターみたいなどうでもいい仕事ばかりではなくて、お笑いや歌番組もけっこう局アナキャストでいけるんじゃないの、になったりもするかもしれない。局アナになんでもまかせる。むかしのラジオDJみたいなものだ。


あ、格闘技とかも局アナにやらせればいいかも。で、フジテレビにいるフミヤの息子、藤井弘輝(29)をグッチャグチャにして遊ぶ。みんな喜ぶぞ。あ、それより女子アナプロレスなんかやらかせば絶対に前代未聞の視聴率が取れる。これからは局アナというより局タレ、局レスラーの時代だな。それでいいのだ。


そこまで広げないと民放が何局もある意味がないではないか。アイヌ語放送をやってくれたら私は観るよ。













 今日の備忘録↓





* * * * * * * * * * * *



実はヤワラちゃん(谷亮子・45)はタタミ派ではない



* * * * * * * * * * * *



イビキが自分に話しかけてくる。(了)





























 † まったく懲りない蓮舫(53)が豊田真由子(46)に「政治家は言葉がイノチ」とのたまったらしい



 †† 蓮舫に「美徳の墓場」説






























ノッツェ 無料パートナー紹介



楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ



女性向けオーダーメイドウィッグ無料試着体験はこちら




























昨夕、少し酒を飲み、ゴキトーサンみたいな赤い顔をして、いや、いやいや、ご機嫌トーサンである。ただのゴキではない。そのごゴキトーサンそのものになり果ててテレビのスイッチを入れたら(↓)これをやっていた。


◆『スポニチアネックス』2020年12月15日配信
【水卜アナ 小池都知事を初直撃、“攻めの姿勢”に共演者驚き「ハンマー&ハンマーだったじゃん」】

《日本テレビの水卜麻美アナウンサー(33)が15日放送の日本テレビ「有働&水卜の知らなかった!2020」(後7・00)で、小池百合子都知事(68)にインタビューを敢行、鋭く切り込む姿勢を見せ番組出演者の驚きの声を誘った。

先月30日、東京都庁で小池知事と初対面を果たした水卜アナ。新型コロナウイルス対策をパネルを用いて説明してきた小池知事に、「パネルなどは(自分で)ご指示されているんですか?」「テレビの“使い方”っていうとあれですけど、キャスター時代の経験も意識されているんですか?」と尋ねた。

さらに、都市を封鎖する可能性に触れた小池知事の発言を持ち出し、「ロックダウンとかはどう思われましたか?」「『言いすぎじゃないか』って言われたような局面は有りました?」「この発信はちょっと違ったなって今だから思うことってありますか?」と畳みかけた。

小池知事は自らの発信について違ったと感じたことは「基本的にありませんね」とし、「まだ足りない。政府から『もっと強く言ってください』とかそういう話もきます」などと答えた。

水卜アナは情報・報道番組での自身の経験を引き合いに「こんなに伝えるのが難しいって思っていて」と吐露。これに、小池知事は「世界中が暗中模索ですよね。(感染者数の)山が高くなる時はハンマーを出してトーンと叩かなくてはいけませんし、収まった時はダンスで楽しくね。ハンマー&ダンス」と語った。

スタジオでVTRを見ていた平成ノブシコブシ・吉村崇(40)は「素晴らしいよ、ハンマー&ハンマーだったじゃん」と、水卜アナの“攻め”の姿勢を称賛。ヒロミ(55)も「ロックダウンの話とか、もしかして気分悪くするってことって言えないじゃん。でもああいう所を攻めないと、すごいと思うけどね」と称えた。

「緊張感が部屋中にビリビリ伝わってくるくらい」とインタビューを振り返った水卜アナ。小池知事の姿に、「リーダーでいることってこれくらい強くないといけないんだ」と感じたそうで、「言葉に一点の迷いもない。うーんっていう瞬間が一回もない」と驚いていた。》


「おまえらバーカ、なのか?」。とうぜん赤い顔のゴキトーサンは吠える。じゃんじゃん、じゃんじゃんいう北海道育ちと八王子育ちのオヤジらも耳障りだし、なんのトピックも引き出せない水卜麻美(33)のインタビューを絶賛する日本テレビの手前味噌加減にも呆れ果てる。


小池百合子(68)などガッツンガッツン突っ込みまくって、ついでに謎の男の話題も持ち出して、椅子を蹴って立ち去らざるを得なくしてやれば少しはおもしろくなるタマ、くらいのものではないか。それをおまえら怯え切って、……顔はたしかに恐いが、だらしない。


その小池栄子おっと間違いた(by荒木経惟)小池百合子がまた「世界中が暗中模索ですよね。(感染者数の)山が高くなる時はハンマーを出してトーンと叩かなくてはいけませんし、収まった時はダンスで楽しくね。ハンマー&ダンス」とわけのわからんことをほんとうに真面目な顔つきで喋っていた。


「ハンマー&ダンス」!! 百合子、気がふれたのか? こっそり罹患していた新型コロナの後遺症か? そういえば最近目つきが……、とこれには赤い顔のゴキトーサンもあせった。


「ハンマーカンマー」なら知っているけどよ。ハリウッドザコシショウ(46)がやる古畑任三郎のモノマネだろ。しかしそれに比肩しうるギャグをここで聞かされるとは。


百合子がフットワークよろしくフォークダンスを踊るように、そして覆面レスラー、タイガーマスクのように画面を左から右へ移動していくようすがはっきり目に浮んだ。68歳の百合子のムチムチ現役感濃厚に漂う腰回りもだ。


こんなんでも日本テレビ的にはナイスなインタビューだったらしい。「素晴らしいよ、ハンマー&ハンマーだったじゃん」ってなにを誉めているのかよくわからないところがバカの寄り合いの悲しさだが。


そもそも、これどうして水卜麻美の担当になるのだ? 番組にはNHKの報道で鍛えた有働由美子(51)、いまはすっかりしょぼくれた有働由美子がいるではないか。有働由美子にやらせるのがふつうではないか? 


それとも、いよいよ退社か? いや日テレ辞めるの止めたみたいだ、いややっぱり独立するらしい、だって痩せてきたもん、とこれもわけのわからない取沙汰をされていまは「やっぱり辞めるらしい」地点にいる水卜麻美に気をつかったのであろうか? 


だとしたら放送局としてはあるまじきていたらくだ。そういえば日曜夕方の「真相報道バンキシャ!」のMCにあの夏目三久(36)をこれで8年間も使い続けている日本テレビである。あ、番組スタート時はカネに転ぶ女・菊川怜(42)だったっけ。女扱いがおかしいのは日本テレビの伝統芸なのかね。


ううう、いまフラッシュバックが起きて、日本プロレスのリングサイドに座って熱い視線を送っているイーデス・ハンソン(81)の姿がはっきり脳裡に蘇ったど。いいです、いいです、イーデス・ハンソン。


Wikipediaによるとイーデス・ハンソンは21歳(一説に19歳)のときに来日した在日アメリカ人で、怪しいヤツである。いちおうタレントでアムネスティ・インターナショナルの日本支部長、その後は特別顧問を歴任ということになっているけれども、なんとなくあやしい。


誕生地はインドで1939年生まれ。1939年にインドで生まれるアメリカ人というのはそれだけでそうとう特殊ではないか? 1939年は第二次世界大戦がはじまった年であり、インドにはボース、ネルーとガンジーという3人の政治的指導者がいた。


イギリスの植民地であったインドは自動的に大戦に参加しながら、国内では混沌とした政治状況のもとにあった。こんなときにインドにいるアメリカ人とは? 彼女の兄はこの戦争で戦死している。


でインド洋の戦い(第2時世界大戦)が終った3年後の1948年、9歳でインドを離れている。


頻繁にリングサイドでプロレスを観戦しているアメリカ女、白人、というところから私の妄想は膨らんでしまったのか。きっと彼女はスリーパー(敵地に送り込まれ、その地に定着して諜報活動に励み、一朝戦端が開かれれば破壊活動に従事する特務機関員)に違いない、と信じ込んでいる。


長身面長、金髪碧眼、まー若いころにカウガール・スタイルをさせたらさぞかし格好よかっただろうなあ、と思わせるアピアランスと、「白」といえば美、清潔、そして恐怖を連想してしまう私自身の白人コンプレックスがなせる技であろうのう。


なんの話かというと、そのイーデス・ハンソンがリングサイドにいて、しばしば中継のテレビカメラにも捉えられるのは、必ず日本テレビの日本プロレスであった。そこのトップがジャイアント馬場(享年61)で、ライバル関係にあったアントニオ猪木(77)の新日本プロレスはテレビ朝日が放送していた。


ジャイアントプロレスのオトナといえばオトナな、しかし一種見世物的な匂いの強いプロレスと白人女。これが倒錯した感覚を呼び起こすのである。キミはどうだ? 『家畜人ヤプー』のあの世界だよ。


ついでにアントニオプロレスも書いておこう。ジャイアントプロレスは観客が何を求めているかをものスゴーく低い視線でしかしよく捉えていたから力道山先生(享年39)以来の本流の地位を手放さず、アントニオプロレスはいつもイーデス・ハンソン的ではない“過激なプロレス”で対抗していた。


そのぶんアントニオ猪木のほうが身体を痛め付けていたはずはずだけれども、身長208cm、脳下垂体手術を受けたこともある巨人症を抱えていたジャイアント馬場のほうが61歳の若さで呆気なく死んでしまった。


それやこれやのイメージが、いまここへきて日本テレビに集約され、燦然と輝いているのだ。あ、忘れていた。最近の渡部建による便所交際からーの「絶対に笑ってはいけない」にかかるドタバタも加えておかなければ。


平たくいえば女大好きなのに女に恵まれず、さらにそのうえ女扱いがド級にヘタで、かつまたド級に悪い意味で女っぽい日本テレビ!! ちゅーことだわね、これ(by張本勲)。


最初からこんなことがいいたかったのか、なにか別にあったのか、よくわからんようになってしもうた。「Hold me tight. そんなことさえ、わからんようになったんか」(by上田正樹)だわね。しかたがないから歌うか。またね。












今日のギャグ↓





* * * * * * * * * * * *



プロレスラーのニックネームはいうにこと欠いてひどい。獣人ブルート・バーナードとか、殺人鬼キラー・コワルスキーとか



ピカソとチカチーロの区別がつかない



「キャベツ」を「キャ別」と書く八百屋




* * * * * * * * * * * *



この世に真理などない。(了)






























 † 実は私「桜を見る会」のサクラでしたという人物を知っている


































ノッツェ 無料パートナー紹介



楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ



女性向けオーダーメイドウィッグ無料試着体験はこちら






あーどうも!! まいっちんぐマッチれーす!! 不倫がバレたら罵詈雑言の雨あられ。「嫌われマッチ」「アンジャ渡部、伊藤健太郎に次ぐ“第三の嫌われスター」、でもって中森明菜(55)のファンからは渾身の勢いで「ざまあみろ!!」ってヒドいじゃん。そんなに嫌われているんじゃもうオモテに出てこられないじゃん。


と、いうことになるかどうかはわからないけれども、ヤバいね。ヤバい。幹部とはいってもパープーはパープーだということを証明してしまった。ジャニーズ事務所のどうしようもない薄っぺらさも透けて見える。ま、今日び世のなか全体がこんなものなのかもしれないけれど。


私としては13歳の息子に「なんでウソついたんだよー」などと罵られながら殴られるマッチを見たい。


と、野次馬の歓びを隠せないでいたら、小林麻耶(41)が2度目の芸能界引退になりそうな気配。いや引退ではなくて今回は追放だな。


いつになく忙しい身の上とてさっさと結論めいたことから書かせていただく。小林麻耶は四十路にもなっていまだティーチャズ・ペット気分で生きているのだ。


ティーチャーズ・ペットといえば「Teacher's Pet」(「先生のお気に入り」)でドリス・デイ(享年97)で映画、唄ともに大ヒットしたヤツな。


「せんせー、山下クンが背中突っつくんですうー」

「おお、どうしたどうした。おい山下、小林にちょっかい出すのはやめれ。……小林、またなにかあったらいってこい」

「せんせー、せんせー、達郎クンが笑ってるんですうー」

「おお、どうしたどうした。……また達郎か。しようがないなあ。達郎、おまえ笑うんならむこう向いて笑え」

「せんせー、ありがとう。大好き」

「 おおおお小林、またなにかあったらいってこい」


という感じで。でもって悪いことに、とおうか小林麻耶の訴えはときどき正しいこともあったりする。


最初ことの発端として報じられたTBS「グッとラック!」で立川志らく(57)が「母親がいないとね、子どもにとっては不幸なこと」などと発言したことに対し「母親がいないと不幸だっていうふうにおっしゃったのは、私はそういうふうに思いません。母親がいない人たちだってたくさんいますし、母親に虐待を受けている人たちもいます。母だけの愛情じゃないですよ、この世のなか」と反論したことも、リクツだけでいえば小林麻耶のほうに分がある。


そりゃ母親がいないと不幸なことはあるかもしれないけれども、それを一律普遍のものとし、あまつさえテレビで堂々と語ってしまう立川志らくのアタマのほうがそうとう不幸である。


だがしかし、その正論も時と場所と状況を考えていえ、ということだ。この場合はきっとテメーが置かれた状況ということになるのだろうか。


たとえばむこうから徳川勢の大軍が槍をかまえて一斉にこちらに突っ込んできているときに「せんせー、山下クンが背中突っつくんですうー」などといっても邪魔なだけだ。目の前には槍だ。


「わかった。わかったからあっちへいってろ。いまはそれどころじゃないんだ。」

「えー、どうしてですかせんせー。山下くんが笑いながら背中を突っついてくるんですよー」

「背中くらい突っつかせておけ。山下、山下おまえもパーみたいな顔していないでやめれ」

「えーどうしてですかせんせー。山下くんたら授業中にイタズラしてくるんですよー」

「いいからほっとけ。でないと小林も槍で突っつかれるぞ」

「でもせんせー、授業中にほかのことしちゃいけないっていってたじゃないですか。あれはウソついてたってことなんですか?」

「いいからちょっと黙ってろ! いまは戦の最中だぞ」

「先生ひどーい!! いくらなんでもそんないいかたないと思います。お母さんや校長先生にいいつけます。教育委員会にも」


という感じだな。


ここにさらにワケのわからない心霊術師おっと間違いた(by荒木経惟)、整体師が呼ばれてもいないのにしゃしゃり出てきてさらにゴネて掻き回す。で、今回の件について校長先生がなんとおっしゃっているかは(↓)コレ。


◆『東スポWeb』2020年11月12日配信
【小林麻耶は「TBS出禁」不可避! “いじめ犯”扱いに古巣上層部が激怒】

《 古巣が怒りの出禁処分を下すことは確実だ。元TBSで現フリーアナウンサーの小林麻耶(41)がレギュラー出演していたTBS系情報番組「グッとラック!」を降板した問題で、「番組スタッフからいじめを受けた」などと主張していることに、TBSサイドは猛反発している。

番組降板となった12日には、所属事務所「生島企画室」は「この度、慎重に話し合いを続けて参りましたが、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為」、この日をもって契約を終了したと発表した。

小林は同日早朝に自身のユーチューブチャンネルに動画をアップ。同番組のファッションコーナーのスタッフにイジメを受けており、10日のロケに行かなかったため翌11日に降板を言い渡されたと主張した。TBSはこの事実を否定している。

TBS関係者は「番組やファッションコーナーを担当しているスタッフたちの認識では、イジメなんてなかった。むしろ小林がワガママを言うことが多く、10日以前にもロケが成立しないことが何度かあり、問題になっていた」。

ファッションコーナーを担当しているスタッフはほぼ女性で、それこそTBS入社年度が近い人もいたという。知らない仲ではないので、意見が合わないのならばより緊密に意思疎通を図ればいいのだが、「夫で整体師の國光吟氏が必ずと言っていいほど現場に来ており、なかなかうまくコミュニケーションを取れなかった」(前同)

今回の一件が表沙汰になる前にも、「事務所を辞める・辞めない」「番組を降板する・降板しない」で小林と事務所の間でもめており、番組降板となりかけたこともあったという。「『グッとラック!』のプロデューサーが事務所と小林の間に入って、円満に事が進むように骨を折っていました。一時は小林も態度を軟化させ、これまで通り番組を続けるということで話はまとまったはずなのですが、10日のドタキャンが決定打となりました」(制作会社関係者)

TBSとしては小林のためにここまでやったのに、結果的には“イジメ犯”扱いされてしまった。「現場は『またか…』と怒りを通り越して呆れているのですが、局上層部はかなり怒っています。今後、小林の起用NGは共通認識となっており、出禁になることは避けられない」

小林は元TBSアナウンサーにもかかわらず、局の敷居をまたぐことは二度となさそうだ。 》


事態はさらに一歩すすんで

「いじめられたのー」
「先生! 私たちいじめてなんかいません!!」

というところまできていた、と。いずれにしてもオトナのやることではないでしょ。いつまでも園児か児童のつもりなのか愚か者よ(by近藤真彦)。


しかし、だーがしかし、TBS側としても小林麻耶をコメンテーターとして起用した以上、早晩こうした事態に陥ることはとうぜん読めていたのではないか? と私は疑う。


TBSはいっこうにうだつが上がらない番組「グッとラック!」に世間の耳目を集めるべく、使い捨てお騒がせ要員として小林麻耶を雇ったのではないのか? 最初から。私がプロデューサーならそういう仕掛け含みでもなければ怖くてコメンテーターなど任せられない。そもそも小林麻耶がどこにどんな数字(視聴率)をもっていたというのだ? 怪しい。


……小林麻耶、グッジョブ!!















今日のギャグ↓



* * * * * * * * * * * *



さわんな高橋



* * * * * * * * * * * *



いつか必ず向う岸にたどり着くから。(了)





























 † 藤島ジュリー景子(54)が「タイミングが悪すぎる。もう少しで成仏するのに」と嘆いたらしい。



























ノッツェ 無料パートナー紹介



楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ



女性向けオーダーメイドウィッグ無料試着体験はこちら




↑このページのトップヘ